CHECK

初心者でも簡単に理解できる!和牛の品質の見極め方や役立つ知識をご紹介します!

このサイトでは、昨今世界的な大ブームを巻き起こしている和牛についてご紹介をしいていきます。
日本は世界屈指のブランド牛を生産している地域で、今では諸外国にも輸出をされるようになりました。
神戸から松坂・鹿児島など全国各地で飼育をされていますが。
その品質に対してさほど知識を持ち合わせていないとう方は大勢います。
実際にお肉屋さんで購入するとき、少しでも良質な肉を買うには、正しく品定めができるのが望ましいです。

初心者でも簡単に理解できる!和牛の品質の見極め方や役立つ知識をご紹介します!

和牛と一言にいっても、さまざまな種類で構成をされています。
品質を左右するのは飼料と飼育環境であり、それが和牛の価値を決めるといっても過言ではありません。
店舗で購入をする際は、まず断面の肉質を見ることからスタートをしましょう。
知識で必要なのは、どんな脂肪の入り方をしているのかを見極めるだけです。
サシと呼ばれる脂肪は和牛によって特徴が異なっており、よりきめ細かい入り方をしていれば柔らかいという証拠です。

品質の見極めの第一歩!まずは和牛と国産牛の違いをしっかり把握しよう!

和牛と国産牛の違いは、2つの呼び方決める際の基準によります。
和牛は日本の在来種4種類の血統を受け継ぐ品種に限定して使用できるのに対し、もう一方は海外で買い付けされたものであっても国内での生育期間の方が長ければ国産を名乗ることができます。
また和牛が食用を前提に日本人の好みに合わせて交配、改良されているのに対し、国産と表示される多くの精肉が乳用のホルスタイン種と交配させた交雑種、またはホルスタイン種です。
遺伝的要素はもちろんですが飼育方法や環境、飼育にかける手間暇が全く異なるため市場価値も違ってきます。
現在、国内に出回っている国産牛の大半がこの交雑種と乳用牛であり、価格的に最も高価なのが和牛、次に交雑種と続きます。
赤身の部分にはいる脂の具合が最も少ない、赤身の厚みが薄いのが乳用牛で、やはり食肉用に改良されたものと比較すると味や風味に違いがあります。
ただし交雑種やホルスタイン種だから美味しくないというわけではなく、料理方法によって味わいが変わるということを知っておくことも大切です。

良い和牛の見極め方は日本在来の黒毛和種でブランド名がつくことが大事

日本では2021年現在、計50品種のブランド和牛が存在しています。
もともとは神戸牛から枝分かれをしており、各地域の固有種と掛け合わせて生産をされているのが基本です。
米沢から鹿児島、さらには但馬牛などとありますが。
良い品種の和牛を購入する際はどのポイントに着目をすればいいのでしょうか。
そこでここでは良い和牛を見極めるコツを見ていくことにします。
日本在来の黒毛和種の場合、はブランド名がつくのか基本です。
たとえば熊本の阿蘇地方を原産としている赤牛の場合、黒毛和種赤牛というのが正式名称になります。
神戸ビーフも同様であり、基本的に国内では黒毛以外の牛肉は食されていません。
なお和牛のなかには等級ランクも明記をされている場合もあります。
このランクは農林水産省と食肉センターの管理の下で決定をされてるため、非常に重要な購入の決め手にもなってるものです。
ブランドとランクの両方を見極めて、品質のいいものを買い求めましょう。

品質の良い和牛を選びには性別と月齢のも着目しよう

和牛とは「黒毛」「褐毛」「無角」「日本短角種」の4品種で、純血の食肉としての品種改良が重ねられた牛のことです。
和牛の品質の良し悪しは、様々な基準で判断できます。
A 5 ランクなどのように、BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)の等級で選ぶことも普通になりました。
「松阪牛」や「神戸ビーフ」のように、産地のブランドで選ぶこともできます。
また信用のおける店で買うことも大切です。
そのほか品質の良い和牛の選び方の1つとして、牛の性別や月齢があります。
生産者の多くはコストを省くために、できるだけ早く牛を出荷したいと考えています。
しかし牛肉の味や香りは、長期飼育するほど濃厚になるといわれています。
日本での出荷時期は、通常25か月から28か月です。
性別では去勢牛は雌牛より成長が早いため、出荷の時期も早くなります。
去勢牛は、月齢が25か月以上あるものがおいしいとされています。
雌牛はさらに生育期間の長いものがよく、個体識別番号で確認が可能です。

高品質の和牛の見た目は赤っぽい深いワインのような色であることを覚えておこう

和牛の品質を見た目だけで判断することは、一般の人には難しいことです。
ですが、品質を判断するコツを知っていれば、誰でも簡単に質が高いかどうか、判断できるようになります。
高品質の和牛であるかどうかを判別できる基準となるのが、肉の色です。
どのような牛肉であっても、たいていは赤っぽい色合いをしていると思いますが、じっくりと観察をしてみると、同じような赤のように見えても、実際には色合いが微妙に異なっています。
品質の高い牛肉の特徴となっているのは、肉が赤っぽい深いワインのような色であることです。
こうした色の肉ならば、品質の高いことが期待できます。
上記のような色がどのようなものかわからない人は、自分でお酒を購入してみれば、どのような色合いであるかわかります。
同じような色合いの肉が店頭に並べられている場合には、こうした基準で色を比較して選んでいけば、その中から最も優れた品質を持っているものを探すことができます。

に関する情報サイト
和牛は世界的に人気!

このサイトでは、昨今世界的な大ブームを巻き起こしている和牛についてご紹介をしいていきます。
日本は世界屈指のブランド牛を生産している地域で、今では諸外国にも輸出をされるようになりました。
神戸から松坂・鹿児島など全国各地で飼育をされていますが。
その品質に対してさほど知識を持ち合わせていないとう方は大勢います。
実際にお肉屋さんで購入するとき、少しでも良質な肉を買うには、正しく品定めができるのが望ましいです。

Search